事業継続計画Business Continuity Plan

事業継続計画(BCP)

危機管理の理念・方針

緊急時の対応にあたっては、下記の理念、基本方針、目的、目標を念頭におくこと。

1. 「危機管理」の定義
危機管理とは、危機発生時に当社がその危機に適切に対応できるようにするための計画の立案や行動を行うことの総称である。
2. 当社の危機管理の理念
当社は、あらゆる潜在リスクに対応するための危機管理として、以下の理念を掲げて活動する。
(1)企業の社会的責任を果す
a:従業員とその家族、来訪者の安全確保
b:企業資産(建物、サーバー、機器類等)及びクライアント等からの預かりデータ等の保全
c:業務の早期復旧と継続
(2)企業の社会的信用を確保する
a:取引先や自治体、協力会社などに悪影響を及ぼさない
b:地域経済の早期安定化へ貢献する
c:各種対応の際は、常に人道面での配慮を優先させる
3. 企業リスクに対する危機管理の基本方針
当社を取り巻くリスクの顕在化は、クライアント及びクライアントの顧客、協力会社、自治体及び図書館利用者に大きな影響を及ぼす可能性があり、当社ではこれに対する施策を経営の重要課題として位置づけ、各種取り組みを実施する。具体的には、以下を基本方針として掲げる。
  • (1)地域社会に対して、企業としての責任を果たすこと。
  • (2)事業活動に支障となる悪影響に対し、可能な限り被害を極小化すること。
  • (3)対策の継続的な改善を図ること。
  • (4)緊急時に実施した対応が人道的なものであれば、当社が一時的に不利益を被っても、当社はその責を追求しない。
  • (5)対策に必要な資源を経営が用意する。
4. 企業リスク対策の目的「危機管理」の定義
従業員および来訪者の安全確保を図ること。また、クライアントおよび各自治体からの受注業務に対する適切な指導や管理を行うこと。
5. 企業リスクに対する危機管理の基本方針
  • a:従業員および来訪者の死傷者を出さない。
  • b:クライアントおよび各自治体に開示すべき問題が生じた場合、それを開示し適切な対応を行う。

被害想定と計画の策定

当社を取り巻くリスクが顕在化するシナリオにより様々な被害が考えられるが、当社では被害シナリオを下記(1)~(3)に絞り、その危機対応計画を立案することとする。また、内容については、随時柔軟に改めることとする。
  • (1)自然災害(台風、地震、水災、竜巻等)
  • (2)事故(火災、設備事故、交通事故、労災事故、盗難等)
  • (3)通信の途絶・コンピュータシステム障害
TOP